インプラント治療治癒期間考察

治癒期間の目安は(2~6ヶ月) インプラント体と骨との結合は48時間後くらいから始まり、
初期固定がしっかり(35N以上)していれば、即時に仮の歯をいれることも可能ですが、
なるべく自然な治癒が待てるほうが、予後はいいようです。

インプラント治療は、一度植えると永久使用であり、粘膜の治癒もできていない状況で、
骨の治癒が完了していることは難しいことでしょう。通常は抜糸までに1週間から10日で、
粘膜の治癒は、2週~3週でほぼ治りますが、インプラント体が歯槽骨と結合するには最低1か月は時間かかるでしょう。

通常は、上顎で6ヶ月、下顎で3ヶ月がメーカーの治癒期間となります。

下顎は、皮質骨が厚くしっかりしているため時間が短くて済みますが、
上顎特に臼歯部は、骨の密度が薄く規定の力をインプラント体に加えられるようになるには6ヶ月は待たなくてはなりません。

人工骨移植を行った場合はより時間がかかり最低8ヶ月はかかってしまいます。
本当にインプラント治療は粘膜と骨の治癒のメカニズムをしっかり理解した上で成り立つ手術であるといえるでしょう。

骨の硬さはや粘膜の硬い歯肉の幅は、人によっても場所によっても違います。
インプラントホールの形成は非常に重要ですが、術者によって個人差が出やすいのも事実です。
ホール形成がゆるい場合、インプラント体と骨が結合する前に粘膜の一部が入り込み、時間が経ってもしっかり骨結合しない場合もでてくるのです。
  • 医院情報
  • ドクターズ・ファイル
  • リーダーズ・スタイル
  • 理念・コンセプト
  • 医師・STAFF情報
  • 設備システム紹介
  • 提携機関
  • 治療費
  • アクセス
  • 診療案内
  • 精密歯科治療
  • 高度インプラント治療
  • 除菌予防療法
  • 矯正治療
  • 審美歯科
  • 精密虫歯治療
  • PMTCナノケア
  • デンタルエステ
  • MTプログラム
  • 歯の細胞BANK
  • ホワイトニングナノケア
  • 歯周内科