インプラント治療手術前の治療考察

インプラント手術前の治療に関して、インプラント手術は、歯のないところに行いますが、
歯が適切に抜かれてあるのか、歯を抜いてどれ位期間がたっているのか、条件はまちまちです。

適切な状態にもっていくことが、スムーズな手術につながり、予後も安定しやすくできるという良い循環をつくることができるといえるでしょう。

歯槽骨に影響を与えるような歯周病は前もって治療が必要です。
インプラント体を埋入する部位の歯槽骨が足りない場合は、骨の再生や自家骨の移植の手術を事前におこないます。
歯周病の場合、治療により、お口の細菌叢(嫌気性菌)の状態改善を済ませます。
インプラント隣接歯の歯根に根尖病巣がある場合、根管治療を行い、骨の再生をおこないます。
咬むことが出来ない状態になってしまっている場合は、かみ合わせの状態を回復し、まずは咬める状態にします。
また、義歯の調整、歯周病の原因となる虫歯の処置などもあらかじめ治療をおこないます。
  • 医院情報
  • ドクターズ・ファイル
  • リーダーズ・スタイル
  • 理念・コンセプト
  • 医師・STAFF情報
  • 設備システム紹介
  • 提携機関
  • 治療費
  • アクセス
  • 診療案内
  • 精密歯科治療
  • 高度インプラント治療
  • 除菌予防療法
  • 矯正治療
  • 審美歯科
  • 精密虫歯治療
  • PMTCナノケア
  • デンタルエステ
  • MTプログラム
  • 歯の細胞BANK
  • ホワイトニングナノケア
  • 歯周内科