インプラント治療手術前の検査考察

インプラント手術前の検査は、基本的にはCT撮影が必要で、骨の形状や固さなどを映像で把握することが必要です。

必要に応じて、血液検査などの生化学検査を行う場合があります。
現在なんらかの持病があったり治療を受けていたりする場合は、
主治医との連携によりインプラント治療前に、薬の量や種類をコントロールし治療を進めていきます。

インプラント治療が、不可能な病気はほとんどありませんが、安全に手術を受けることが第一であり、
患者さん自身の健康状態を歯科医師に把握してもらうことが大切だといえるでしょう。

残念ながら、血液内科などでステント手術などを行っている場合や癌などを患っている場合はドクターストップがかかることが多いです。

若い時は大丈夫でも、年齢が増すにつれて、駄目になってしまうこともあり、40代、50代でインプラント手術を済ませておいたほうが安心な場合もあるようです。
また、タバコの喫煙は、手術後の粘膜の治癒に大きな影響を与えます。
糖尿病がひどい場合も同様に粘膜の再生に問題があります。
骨密度は、人によって異なるだけでなく、部位によっても大きく違いがありますが、手技によってカバーできる要素が大きいです。
  • 医院情報
  • ドクターズ・ファイル
  • リーダーズ・スタイル
  • 理念・コンセプト
  • 医師・STAFF情報
  • 設備システム紹介
  • 提携機関
  • 治療費
  • アクセス
  • 診療案内
  • 精密歯科治療
  • 高度インプラント治療
  • 除菌予防療法
  • 矯正治療
  • 審美歯科
  • 精密虫歯治療
  • PMTCナノケア
  • デンタルエステ
  • MTプログラム
  • 歯の細胞BANK
  • ホワイトニングナノケア
  • 歯周内科