東京歯医者 丸の内デンタルオフィス

〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-8-1
丸の内トラストタワー2階 「東京駅」隣接日本橋口 徒歩1分

03-5220-5501
診療時間
10:00~19:00
休診日
土曜・日曜​・祝日

ご予約・お問合せはこちら

マウスピース矯正歯科治療

当院の矯正治療では、歯並びを整えることはもちろん、歯の形をより美しくしたり、目立ちにくい装置を使用したり、歯と歯の隙間のブラックトライアングル縮小を意識した矯正など、こだわりの治療を行っています。歯を並べるだけでなく、前歯をより綺麗にみせるご提案することも可能。治療中の見た目や価格が原因で一歩を踏み出せずにいる方も、ぜひご相談ください。

ここまでできるマウスピース矯正

抜歯を行わなくても、マウスピース矯正でここまで治すことができる時代となりました

この状態から更に左上前歯の切端の削れを治す治療も行います

マウスピース矯正前

患者さんも諦めていた前歯の反対咬合ですが、マウスピース矯正で治るものなのか半信半疑のようでしたが、臼歯部の審美治療から信頼して頂き着手することに

マウスピース矯正後

リファインメント修正を1回行い、1年程で反対咬合が治り、自然に見える歯並びになりました

 

3Dデジタル治療前

3Dデジタル画像で数種類プラン確認をしっかりカウンセリングルームにて行い、納得した後治療を着手するので、新築マンションのモデルルームでのビューのようですね

3Dデジタル治療後

プランと実際の歯並びには、誤差が発生しますが、上記のようなレベルですので、極端な違いが発生している訳ではないことが、素人目でもご理解いただけると思います

治療中も目立ちにくいマウスピース矯正

「矯正治療を受けたいけれど、目立つ装置を何年もつけたままにするのはどうしても嫌」…そんな方におすすめなのが、マウスピースを使用した矯正です。マウスピースは薄いプラスチックでできており、色も透明なので、一般的なワイヤー矯正と違って治療中も目立ちません。

また、自分で自由に着脱できるのも大きな特徴。食事や歯磨きのときには外していつも通り過ごせますので、治療中のストレスを低減できます。

そして、マウスピース矯正は、「歯並び」だけでなく「歯の形」を調整することもできます。加齢などにより、歯ぐきが痩せてできる歯と歯の隙間なども目立たなくさせることが可能です。

また、当院のマウスピースによる矯正治療は「一度矯正治療を受けたものの後戻りしてしまった」という方や、「矯正治療で歯並びは治ったけど、ブラックトライアングルができてしまった」という方にも最適の治療です。このようなお悩みのある方もぜひご相談ください。

選択肢が広がるリーズナブルな価格設定

矯正治療といえば、とても高い治療費を用意しなければならないもの…そういうイメージをお持ちの方がほとんどでしょう。費用を理由に治療を諦める方も少なくないはずです。

しかし、矯正治療には「自身の歯を削らずに美しい口元を手に入れられる」というメリットがあります。セラミックによる審美歯科治療でも美しい口元は実現できますが、どうしても人工物を装着しなければなりません。

そこで当院では患者さまの選択肢を増やせるように、矯正治療の費用をできる限り抑えています。費用が気になる方も、ぜひお気軽にお問い合せください。

歯の矯正治療

丸の内デンタルオフィスの矯正治療は、矯正歯科としてのトレーニングの他、インプラント治療や歯周病治療により歯肉や骨の再生メカニズムを理解し実行してきたことが大きく違います。

矯正専門医では、歯を抜いたことがない歯科医師が多く、どの歯がどれくらいの強さの咬合力を受け、最終的な矯正治療を行った後の後戻りがおきやすいのか、咬合調整により、後戻りを最小限にしたり、抜歯矯正を虫歯や銀歯になってしまったところを削ることでスペース確保したりできます。

子供の矯正では、このようなテクニックが必要ないかと思いますが、大人の場合は、長年矯正前の状態で歯を使用してきてしまっているため、咬耗がだいぶ進んでしまっているため、咬合や、歯周病、治療経歴を考慮した矯正治療が向いている方も多くおられると思います。

インプラント治療を行われた年配の患者さんも、インプラントにより奥歯のかみ合わせが維持できるようになり、ついでに前歯の矯正を行うことも非常に多いです。

歯の矯正を行う場合顎に対して歯が大きいことにより、矯正を行うことが多いのですが、歯の矯正をおこなうと、歯間乳頭と呼ばれる歯と歯の間の歯茎が痩せてしまい、ブラックトライアングルと呼ばれる、黒く影がみえて審美的にがっかりすることも多いのですが、丸の内デンタルオフィスでは、ヒアルロン酸を注入することで、一時的ではありますが、歯間乳頭の再建をはかり、審美性を確保することも可能です。

マウスピースを使用した、装置が見えない矯正治療も可能で、日常的にマウスピース作成を行っているからできる技術であるともいえます。

通常のブラケットを付ける矯正もアンギュレーションや形状記憶合金の登場により、じんわりと時間をかけて歯を動かすことが可能なため、痛みの少ない矯正治療が可能です。

また、ブラケットなどを剥がす場合も、審美的な治療技術をを使用し、歯の表面の傷を最小限に抑えた研磨や、ナノ粒子ケアにより汚れの付きにくい歯に仕上げることができます。

単独科でなく総合力による歯科矯正が自分には向いていると思われる方は、お気軽にご相談ください。矯正治療も院長の伊藤が行います。

術者側からのマウスピース矯正法の利点

マウスピースで矯正なんてと最初は思っていました。無理だろうと。しかし、歯の矯正をする上で非常に有効な方法であることがわかりました。それは、術前・術後がわかるということです。咬み合わせがどうなるのか、見た目がどの様になるのか、歯冠乳頭の位置とブラックトライアングルの発生の有無、奥歯が手前に引きずられない、足りない空間がハッキリするたし小臼歯抜歯をしなくて済むといったメリットが余りにも大きかったからです。

ワイヤー矯正も針金が形状記憶合金に移行し、ブラケットがセラミックになった時点で、矯正のスタイルはこれが最終形かと思っていました。(舌側裏側につけるワイヤー矯正もありますが)これ以上は無理だろうと。しかし、マウスピース矯正が登場し普及したのです。

 

患者さんからのマウスピース矯正の利点

患者さんにもメリットは大きいのが、マウスピース矯正の特徴です。なんせ外せる訳ですから。針金もありません。歯磨きも普通に出来ます。ブラックトライアングルが発生するかどうか先にわかります。昔はCAさんは針金が見えるのでワイヤー矯正はダメですと会社に言われ矯正できませんでした。人前に出る仕事の人はワイヤー矯正の期間が短くても諦める傾向があります。優先順位上針金が歯に付いていることがあり得ないからです。そこで裏側の舌側矯正をするしかなかったのですが、歯を動かしにくいため、費用も時間も、動かしにくさも、技術も大変となるスペシャルな矯正専門医のなせる技だったのです。しかし、高度な矯正を行ったとしても、ブラックトライアングルが無くなるわけではありません。お口の内側に装置が来るので、しゃべりにくさ、口の中が切れたり、針金に引っかかったり、装置が取れやすかったりと外から見えないようにするということが、治療の難易度を上げているだけだからです。ワイヤー矯正は外側から行う方が断然治療しやすく、動かしやすく、治療がスムーズにいきやすいのです。それ以上に装置が見えては困る患者さんが大勢いらっしゃるということです。外側に針金がくる矯正も皆嫌だけど我慢して受け入れていだけということにほかなりません。

それだけ、マウスピースが装置であるマウスピース矯正は取り外せるということが、患者さんにとっていかにポイントの高い技術であるかがわかります。

術者側からみたマウスピース矯正のデメリット

マウスピース矯正のデメリットは、咬み合わせにあります。マウスピースを外した時、しっかりと噛み合わさらないことが多いからです。マウスピースの厚みの分奥歯より前歯が先に咬合する確率が高く、予定通りに一発でゴールにたどり着きにくいからです。プランを修正するには、再度歯型を取ってプランを再度つくる必要が出てきます。イメージとしては、プランというゴールに徐々に近づけていくというやり方なのです。

ワイヤー矯正は常に上の歯としたの歯はかみあわさっているため、咬み合わさらないということはありませんが、歯が移動する時に揺さぶられるので歯根吸収しやすくなり、この点では、マウスピース矯正のほうがマウスピースでカバーされているのでダメージは少ないです。

前歯の反対咬合もやや苦手です。これもマウスピース自体に厚みがあるために反対のかみ合わせから乗り越える量が増加するためコントロールしにくいという要素があります。咬み合わせが浅い場合も同様で通常より意識したプランをつくる必要が出てきやすいです。

その他には、一日20時間というとてつもない時間、アライナーであるマウスピースをつけ続けないといけないというサボる人にはかなり苦痛を伴う要素となります。食事の時だけ外すというのもかなり面倒ですが、乗り越えなければ歯は動きません。ワイヤー矯正の場合でも苦痛の期間は発生するので、いくらお金を積んでもどうにもなりません。医療とはある意味平等なのです。

アタッチメントと呼ばれる歯の表面のポッチもデメリットです。この角のようなでっぱりを利用することで動きにくい歯の移動が可能となりますが、以前インドでインビザライン治療を行った患者さんが日本に帰国してこられて、歯の表面がギザギザになったこのギザギザを滑らかにして欲しいと来院されました。最初インビザラインを行っていたことは知らされていませんでしたが、後からわかり、アタッチメントを除去する際ダイヤモンドバーでそのまま良く見ず歯の表面ごと削っていたのです。

マウスピース矯正は世界共通で、500万人以上の方が治療の恩恵を受けています。インドでのマウスピース矯正の治療費は安価だったのと駐在で暇だったことから歯の矯正を済ませようと思い立ったようです。まさか、このような雑さがこの治療法で違いになるとは考えてもみませんでしたが、実際に起きた出来事です。

マウスピース矯正には歯間の削合のIPRと呼ばれる手法がありますが、これも雑に行うと歯の形に影響するため違いが出てくる可能性は高いでしょう。逆に丁寧にみていくと、ブラックトライアングルを小さくもできる為両刃の剣ということでしょうか。

患者さんからみたインビザラインのデメリット

マウスピース矯正は自分でつけないといけないというデメリットがあります。サボれるのです。一日20時間が前提となりますが、気の遠くなるような時間です。食事の時は外さないと食べれませんが、飲み物は飲んでしまいます。茶渋が付きやすくなるのです。ワイヤー矯正と比べると歯磨きはしやすいのでまだましですが、矯正など何もしていない状態と比べるとコーヒー、赤ワインを飲む時はストレスを感じるでしょう。

マウスピースがしっかりハマっているかどうかも自分で確認する必要があります。奥歯は咬むので浮きはほぼみられませんが、前歯の側切歯には力が入りにくいこともあり、しっかりハマっているか把握する必要があるのです。一日数回外して付ける訳ですが、しっかりハマっていないと矯正力は働きません。予定が狂っていくと後のアライナーがパーになってしまうリスクがあるのです。振出には戻りませんが、ゴールが延びてしまい、なかなかマウスピースから解放されなくなってしまいます。

 

 

ご予約・お問合せはこちら
03-5220-5501

診療時間:10:00~19:00 休診日:土日祝

関連サイト
Instagramはこちら

診療案内

10:00~19:00
休診日:土曜日・日曜日・祝日

お気軽にご連絡ください。

03-5220-5501

アクセス

〒100-0005
東京都千代田区丸の内1-8-1
丸の内トラストタワー2階

「東京駅」日本橋口徒歩1分