矯正治療

head_kyousei

歯の矯正治療

丸の内デンタルオフィスの矯正治療は、矯正歯科としてのトレーニングの他、インプラント治療や歯周病治療により歯肉や骨の再生メカニズムを理解し実行してきたことが大きく違います。
矯正専門医では、歯を抜いたことがない歯科医師が多く、どの歯がどれくらいの強さの咬合力を受け、最終的な矯正治療を行った後の後戻りがおきやすいのか、咬合調整により、後戻りを最小限にしたり、抜歯矯正を虫歯や銀歯になってしまったところを削ることでスペース確保したりできます。

子供の矯正では、このようなテクニックが必要ないかと思いますが、大人の場合は、長年矯正前の状態で歯を使用してきてしまっているため、咬耗がだいぶ進んでしまっているため、咬合や、歯周病、治療経歴を考慮した矯正治療が向いている方も多くおられると思います。
インプラント治療を行われた年配の患者さんも、インプラントにより奥歯のかみ合わせが維持できるようになり、ついでに前歯の矯正を行うことも非常に多いです。
歯の矯正を行う場合顎に対して歯が大きいことにより、矯正を行うことが多いのですが、歯の矯正をおこなうと、歯間乳頭と呼ばれる歯と歯の間の歯茎が痩せてしまい、ブラックトライアングルと呼ばれる、黒く影がみえて審美的にがっかりすることも多いのですが、丸の内デンタルオフィスでは、ヒアルロン酸を注入することで、一時的ではありますが、歯間乳頭の再建をはかり、審美性を確保することも可能です。

マウスピースを使用した、装置が見えない矯正治療も可能で、日常的にマウスピース作成を行っているからできる技術であるともいえます。
通常のブラケットを付ける矯正もアンギュレーションや形状記憶合金の登場により、じんわりと時間をかけて歯を動かすことが可能なため、痛みの少ない矯正治療が可能です。

また、ブラケットなどを剥がす場合も、審美的な治療技術をを使用し、歯の表面の傷を最小限に抑えた研磨や、ナノ粒子ケアにより汚れの付きにくい歯に仕上げることができます。
単独科でなく総合力による歯科矯正が自分には向いていると思われる方は、お気軽にご相談ください。矯正治療も院長の伊藤が行います。

治療費の詳細はこちら
  • 医院情報
  • ドクターズ・ファイル
  • リーダーズ・スタイル
  • 理念・コンセプト
  • 医師・STAFF情報
  • 設備システム紹介
  • 提携機関
  • 治療費
  • アクセス
  • 診療案内
  • 精密歯科治療
  • 高度インプラント治療
  • 除菌予防療法
  • 矯正治療
  • 審美歯科
  • 精密虫歯治療
  • PMTCナノケア
  • デンタルエステ
  • MTプログラム
  • 歯の細胞BANK
  • ホワイトニングナノケア
  • 歯周内科