東京歯医者 丸の内デンタルオフィス

〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-8-1
丸の内トラストタワー2階 「東京駅」隣接日本橋口 徒歩1分

03-5220-5501
診療時間
10:00~19:00
休診日
土曜・日曜​・祝日

ご予約・お問合せはこちら

カリソルブ・ドッグベスト虫歯治療

カリソルブとドッグベストって何だろうと知りたくなる人は多いと思いますが、どう違って、何なのか?分かりやすくお話ししてみたいと思います。

カリソルブはカリとソルブに分けると何となくカリエスをソルブ?溶かす?とイメージしやすい名前のため、カリソルブでむし歯治療お願いしますとよく言われますが、ドッグベストセメントでお願いしますとは言われません。

カリソルブは、実際虫歯を溶かす薬液ですので、エナメル質にできた黒い点の虫歯を削らずにカリソルブで溶かして治療したいとイメージされる方は多くおられますが、エナメル質の表面の虫歯は不適応です。エナメル質の黒い虫歯は、カリソルブでは溶かすことは出来ず、MIの最小のバーで削り取ることがベストとなります。MIのバーでできた穴には、カリソルブの器具も入りませんし、削るのに麻酔も必要ないことが多いです。実際には、黒い点はC1のエナメル質の範囲内だけにとどまらず、象牙質にまで進行している場合は、痛みを伴うことも多く、麻酔しているほうが、無難です。

削った部分を埋める方法としては、レジンを流し込むことがベストとなります。ペースト状のレジンでは填入も難しく、しっかり隙間なく入っているのかどうか判断しにくいことも多いです。セラミックで治療して欲しいとの要望も多くありますが、セラミックの型を取ることも困難であり、つくってくれる技工士さんもいないでしょう。今の技術では、C1の初期むし歯は、セラミックではできません。

これ以下のエナメル質内の表面だけが黒くなっている虫歯は、フッ素による予防歯科的ケアや、虫歯の進行止めなどを使用し、極力歯を削合しないことがベストです。あくまでも歯の治療は、歯の修理であり、歯の再石灰化などで、経過観察できる場合は、処置を行わないことが、歯の寿命を延ばすことに繋がります。歯の治療をするということは、一体化している歯に段差を発生させ、より不潔になってしまうため、デンタルプラークが寄り付き易くなり悪循環に入ってしまうからです。

この次の段階の虫歯はC2という象牙質にまで進行した虫歯菌に感染し、除去が必要な部分を溶かしてくれるのが、カリソルブなのです。ここで、エナメル質が欠損している場合は、カリソルブだけでも大丈夫な場合もありますが、エナメル質は石のような物質なので、カリソルブだけでは手に負えず、ドリルのような器具によって削らないといけないことが多くでてきます。患者さんで歯を削りたくない、ドリルやキーンとする音は一切無理で我慢できないので、カリソルブで治療したいとやって来られますが、少しカリソルブのコンセプトとは違っています。ドリルや音などが駄目という人は、歯科恐怖症なのであって、恐怖を味わわなくてもいいならお金をかけたいと思われても、一切ドリルを使わなくてもいいと結び付けるのは無理があるのです。

 

最小限のドリルの使用は、必要なことが多いとご理解ください。その点をクリアできるようであれば、カリソルブは非常に良い薬液であると言えます。

麻酔に関しても、象牙質を器具で触る場合、痛みを感じる可能性は当然あり、ドリルでの場合に比べれば、痛みは比べ物になりませんが、カリソルブなら麻酔も絶対にしなくてもいいという問題でもありません。もともと痛みに弱い人が、カリソルブを希望される訳ですから、なるべく、痛みの少なくなる選択肢を選ぶべきです。麻酔の注射がダメという患者さんも多くみえますが、歯の注射の麻酔も効きやすいところもあれば、効きにくいところもあり、表面麻酔や注射の針の太さや麻酔液を体温に温めておくのかどうかなどでも痛みはだいぶ違います。麻酔のかけ方も先生のよってうまい下手の個人差があり、主張するばかりでなく、先生のお勧めに従うことが一番楽なことが多いとお考えください。

さて、C2と言われるむし歯でも、神経に近い深い虫歯とカリソルブで取り切ってしまえる浅い虫歯に分けることが出来ますが、虫歯治療では基本的に、取り切ってしまうことが安心に繋がります。浅いところでも、ドッグベストセメントや3ミックスなどで無菌化しようと考えるのはナンセンスです。

ドックベストセメントは3ミックスの後継で使用しています。どちらも、虫歯菌に感染した歯質を無菌化することを謳っていましたが、3ミックスは固まることが出来ず、セメント状で硬くなるドックベストセメントの方が有利だからです。操作は3ミックスの方が簡単ですが、ドックベストセメントの方が後発でありより進化した無菌化する治療法だとお考えください。

象牙質深く進行した虫歯は、昔なら、歯の神経をとるしかないことが多く、仕方がないからと安易に歯の神経を取っていました。健康保険にはカリソルブやドックベストなどなく、治療が重症であればあるほど、治療費を貰える出来高払いの仕組みも関係してしまいますが、無理に、歯の神経を残して症状が取れなかったり、時間を長期間かけたりするコンセプトは無いため、どうしても歯の神経を取るケースが多いのです。しかも、神経をとると嘘のように痛みが消え、歯科医師が神様のように感じてしまうのかもしれません。そして、神経を取った歯は銀歯やセラミックなどの補綴物へと繋がり、一般の歯科医院での主な治療となっているのです。

神経を取った歯はその後どうなっていくのでしょう。例えば20歳で歯の神経を取った場合、80歳までは60年あります。神経を取っていない歯は60年でもかなりもってくれることが多いのですが、神経を取った歯は、歯根の炎症により再根管治療となったり、歯が割れたり、銀歯やセラミックの被せ物が壊れたりします。車でも10年も使えば壊れます。つくりものの歯も20年くらいが寿命と考えた方がいいでしょう。20年も経つと、見た目や継ぎ目、色、歯根の露出など気になる要素が出てくることが多くやり直しに繋がります。中でも一番困るのが、歯根破折です。ストレス社会の影響もあり、歯ぎしり・食いしばりの人は増える一方です。そのため、よく歯が割れるという現象を目の当たりにするのです。割れるまでいかなくても、歯にヒビがはいっている状態をみることも多く、この歯はあと10年もたないなとか考えることも多いのです。しかも、マイクロスコープやルーペの普及により、根管内の状態を細かく見る機会が増えたのも原因かもしれません。どちらにしても、歯の神経を取ることになるのかならないのかという点は非常に歯の寿命に与える影響は大きく、20歳の時点で神経を取らずに済んだ場合、40歳までもってくれれば、40歳の時点で神経をとることとなり、歯の神経が無くなってから、80歳までの使用期間は40年に短縮するのです。神経を取った歯でダメになってしまう歯は抜歯となり、インプラントや義歯になりますが、同じ神経を取ることになったとしても、神経のない状態の期間が短いほど、歯の破折するリスクは減り、50代、60代でインプラント治療で大金がかかる確率も減るでしょう。

歯に関して、20年後、40年後の将来が見通せる人は意外と少ないのです。だから、80歳20本運動といった、28本から8本までで食い止めようというところで妥協する目標となっているのでしょう。

予防歯科大国スウェーデンでも昔は今の日本と同じような状況があったようですが、予防歯科が花開いたおかげで、歯の神経を取るという何気なく日常に行われている歯科治療の頻度を減らす努力のおかげで、欠損の少ない人生が送れるようになっていっているようです。日本人の平均寿命はとても世界でも長いため、医療だけでなく、歯科治療も最先端のような気になりがちですが、歯を失っても、意外と寿命に影響していないといったところでしょうか。もし、日本人の歯の健康がより進化した場合もしかすると、もっと寿命が延びるのかもしれませんね。

ご予約・お問合せはこちら
03-5220-5501

診療時間:10:00~19:00 休診日:土日祝

関連サイト
Instagramはこちら

診療案内

10:00~19:00
休診日:土曜日・日曜日・祝日

お気軽にご連絡ください。

03-5220-5501

アクセス

〒100-0005
東京都千代田区丸の内1-8-1
丸の内トラストタワー2階

「東京駅」日本橋口徒歩1分