東京歯医者 丸の内デンタルオフィス

〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-8-1
丸の内トラストタワー2階 「東京駅」日本橋口 徒歩1分

03-5220-5501
診療時間
10:00~19:00
休診日
土曜・日曜​・祝日

ご予約・お問合せはこちら

カリソルブ・CARISOLV再上陸

カリソルブ(優しく安全なう蝕治療システム)とは

う蝕(虫歯で感染した歯質)を薬液でやわらかくし、スプーン状のもので除去する虫歯治療剤

「カリソルブなら、健康な歯質を削らない虫歯治療が可能となります」

カリソルブはどんなシステム?

2種類のコンポーネント(ジェルと透明な液体)からなるシステム

ジェル:アミノ酸、塩化ナトリウム、カルボキシメチルセルロース、水、水酸化ナトリウム、pH11

透明な水:次亜塩素酸ナトリウム水溶液

カリソルブが生まれた背景

カリソルブによって口腔衛生を向上させる

・歯科医療(虫歯治療)への実用的な導入

・低侵襲の虫歯治療となっている

・歯科治療への恐怖を軽減できる

・殺菌効果による安全性の確保

・毒性が無い

といったことがあげられます

カリソルブの作用の仕組み

次亜塩素酸をアミノ酸に入れることにより起こる酸性化反応により細菌に侵入された有機質が溶ける。エナメル質などの無機質には影響を与えない。有機質が多いと処理が容易となりますが、無機質の多い状態だと薬液塗布を数回繰り返す必要があります。

・壊死組織を柔らかくすることができる

・健康な組織には影響を与えない

・抗菌性がある

・非毒性である

カリソルブの特徴

カリソルブ(クロラミン製品)には4つの特徴があります

1、壊死組織を柔らかくする (壊死組織を除去しやすくする)

2、健康な歯の組織は損なわずに保てる (低侵襲性)

3、抗菌性 (カリソルブを使用する歯の部位を殺菌する

4、非毒性

カリソルブ治療の流れ

お問合せからサービス提供開始までの流れをご説明いたします。

カリソルブを入れる穴を開ける

カリソルブの薬液を注入するための穴が確保できない場合は、ドリル(タービン)で最小限のカリソルブの薬液を注入する為の穴を開ける必要があります。全くドリル無しという訳ではありません。

う窩をカリソルブで30秒覆う

歯のう蝕部分の穴がカリソルブ・キッズソルブで完全に覆われていることを確認します。う蝕組織が柔らかくなるまで30秒以上待ちます。

専用インスツルメントで除去する

カリソルブ専用インスツルメントで柔らかくなったう蝕組織を耳かきの様な専用インスツルメントで除去します。インスツルメントは化学機械的に治療するために特別に設計されたもので、これにより、柔らかくなった感染歯質を取り除きますが、1回で取り切れない場合は、同じ作業を30秒待たずに、穴からう蝕が無くなるまで、繰り返します。

健全歯質の新鮮面を出すことで

あらゆるう蝕を除去する方法に比べて最も最適な接着力を確保する特徴ある綺麗な表面をカリソルブで得ることができるとメーカーは歌っています。

通法によりう窩をふさぐ

通常の手順に従って、う蝕がしっかり取れていることを確認し、う窩の充填を行っていきます。CR(レジン充填)セラミックインレー等で最終補綴を行います。

強固な接着が可能

より強固な接着力を確保できる。ただし、裸眼か拡大鏡下で行うのか、操作が熟練しているのか初めてなのかなど、術者による差が大きくあることも指摘されていました。

ご予約・お問合せはこちら
03-5220-5501

診療時間:10:00~19:00 休診日:土日祝

ご予約はこちら

お問合せはフォームまたはお電話にて受け付けています。

03-5220-5501

名医のいる病院
東日本編
(医療新聞社)
光栄にも日本の歯科5選に取り上げて頂きました
 

関連サイト

診療案内

10:00~19:00
休診日:土曜日・日曜日・祝日

お気軽にご連絡ください。

03-5220-5501

アクセス

〒100-0005
東京都千代田区丸の内1-8-1
丸の内トラストタワー2階

「東京駅」日本橋口徒歩1分